DXって何?これからはこの言葉を聞いても迷わない!

会社でDXとは何かという冊子が配られたので面白いと思い。これからの時代DXってこういう

事だよって伝えるために自分なりに解説したいと思います。

自動化が進んだ未来では、人が手を動かす作業は減り品質も向上している。

創造的な仕事にこれからは時間を割きたいですよね

DXとは

DXとはデジタルタロンすフォーメーション(Digital Transformation)の略です。

デジタル技術を用いて、生活やビジネスが変容していくことです。

2004年にErik Stoltement氏により

「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方面に変化させる」

という仮説を立てました。そして、現在ITは誰にとっても欠かせない存在になりました。

日々の暮らしはもりろん、企業の事業活動にも必要不可欠になっています。

日本では経済産業省が、

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義しています。

DXのStep

DXに行きつくまでに3つの段階があります。

デジタイゼーション

アナログ・物理データのデジタルデータ化

工程での効率化のためのデジタルツールを導入するなどの部分的なデジタル化

デジタライゼーション

個別の業務・製造プロセスのデジタル化

自社及び外部の環境やビジネス戦略面も含めて長期的な視野でプロセス全体をデジタル化

デジタルトランスフォーメーション

組織横断で業務全体を一気に通貫にデジタル化し、根本的に改革すること。

その結果として社会的に影響を生み出すもの。

ずっと使われているITシステムの複雑化・老朽化、ブラックボックス化をそのままにしておくことで

IT人材の引退により減少やサポート終了などで、システムに大きな影響を及ぼすことがあります。

DXはすでに始まっている

コロナ渦で働き方改革が進む一方でより身近に感じることができるようになったIT化ですが、

日本では発展するのが遅くこれだけITに遅れを生じてるのは非常に珍しいです。

そのうえでデジタル化・システム化は大きな課題もあります。

デジタル化をするにあたって最も重要なことは、

デジタル化の目的を明確にする

業務をどのように効率化したいか、そのイメージを持つことから始めましょう。

そのためには現状の業務を整理して課題を洗いださなければなりません。そして

目の前の事を部分的に進めるのではなく、全体最適の大きな構想を持つことが必要

歴史のある企業ほど浸透に長くかかるのが日本のイメージです。

昔のやり方など伝統的なものは大切に守るものですがこの先次ぐのは若い世代の人たちです。

変えられるものは積極的に変えていくのが未来に生き残るための会社作りではないか?

DXは4分割に分けられる

4つの項目が存在します。そしてこの4つをまとめて

自動化!付加価値∞

まとめ

今の時代誰しもがデジタルの人材になりえます。

昔からあるものを自分たちの知恵でなんとかするのも大事ですが

そのほかの事はデジタルに効率よくこれから変わっていくのが理想てきです。

未来のために意識を変えていき、情報でつながる時代を全員でセキュリティを守るのが

この先大事な事です。

この記事を書いた人

コイン_はやしまる

ブログで様々な情報を深堀して発信!
このご時世SNS戦国時代の中でどのようにして1円でも生み出せるのか
インスタグラムやブログを通じて報告していきたいと思いますので是非楽しんでみていってください!